紫外線対策 UV商品の選び方

化粧品 雑学・基礎知識・豆知識
 

紫外線とUV商品について

暑い日が続きますねぇ・・・

高校野球もまさに熱闘続きですね、甲子園に見に行きたいなぁ。
でも、この年になると日焼けしたら、シミとなって残るんですよねぇ(泣)

みなさん、UV商品は使ってますでしょうか?
私はあまり外に出ることがないんで最近はあまり使ってないですが、
自分に合ったUVを見つけることも重要ですよね。

そこで、今日は紫外線とUVの話です。

紫外線には波長の長さによって、UVA/UVB/UVCの3種類に分けられます。
(波長の短いものほどエネルギーを持っています)

一番波長の短い、UVCは、オゾン層や大気中の酸素に吸収されてしまうため、
肌への影響はほとんどありません。

UVBは中間の波長の長さで、地表にはわずかしか届きませんが、UVAに比べ1000倍以上も
有害作用を持っており、皮膚を赤くし、ひどい場合には水ぶくれをおこし、数日後には皮膚を
黒くさせる作用があります。

UVAは、一番波長が長くて、地表に届く紫外線の90〜95%を占めます。
太陽光を浴びた直後から皮膚を黒くする作用があります。

これに対抗するために、やはり夏はUVカット商品を使うのがベストでしょう!
では、どれを選べばよいんでしょうか?

UVカット商品には、SPF30PA+などの表記がありますよね?

「SPF」はUVBの防止効果、「PA」はUVAの防止効果を表しています。

日本人の場合、真夏の晴れた海岸で色白の人で約20分、普通肌の人で約25分、
色黒の人で約30分程度で赤くなり始めるそうです。

SPFはSun Protection Factorの略で、「SPF30」、などの数値で表示され、
SPF30の日焼け止めを塗った場合、何も塗らなかった人の30倍の時間肌が赤く
なるのを防ぐことができるという目安となります。
色白の人でも、20分×30倍=600分防御効果があるってことですね。
ちなみにSPF50より高い値はSPF50+で表示されます。

PAはProtection Grade of UVAの略で、「PA+」、「PA++」、「PA+++」の3段階で表記され、
「+」が多いほどUVAの防止効果は高くなります。

ただ、高ければいいってものではなくって、高すぎれば肌への負担は増えるわけで、
SPF値は夏場で30、冬場で20くらいの使用感のよいものを選べば良いんではないでしょうか。。

私が現在、愛用しているのが、長寿の里 さんごでUVです。
刺激はまったく無く、伸びが良くて白浮きしませんし、化粧ノリも良いですよ!
SPF32/PA++ のUVとしては非常にレベルが高いと感じました。
みなさんも自分に合ったUV、季節に合わせたUVを探してみて下さい。。


長寿の里 さんごUV

アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.