冷え性対策について

化粧品 雑学・基礎知識・豆知識
 

冷え性とお肌の関係 〜 冷え性改善 〜

突然ですが、私はかなりの冷え性です。
特に寒くなってくると、乾燥肌でお肌はカサカサ、手足は冷え冷え・・・(泣)
はっきり言って、冬場は嫌いッス(`ヘ´)

でもそんなことも言ってられないんで、今年の冬は「冷え性対策」にも取り組んでいきたいと思ってます。。

では、冷え性について少々ご紹介しておきますね。



【冷え性について】

冷え性とは、動脈硬化などで毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、毛細血管が縮んでしまい、
元に戻らず血行が悪くなるといった、いわば「血行不良」からくる冷えのことです。
血液の行き届きにくい手や足だけが、ベットに入っても冷たいまま、といった症状のことですね。
血液には栄養素を運ぶ働きがありますので、それがうまくいかなければ、当然お肌にも悪影響を与えます。




【冷え性によるお肌への悪影響】

冷え性は血行不良からくるものなので、当然、お肌へも悪影響を与えます。
新陳代謝が悪くなり、お肌への栄養分の供給も悪くなり、老廃物が溜まります。
それによって、「くすみ」「むくみ」といった症状がでてきます!!
目の下のクマなんかも冷え性が原因の場合があります。

そういえば、冷え性の人って、ちょっと老けてみえる傾向にあるような・・・

っていうか私もです (T-T)

さらには、皮膚細胞の代謝不良で、古い細胞が毛穴に詰まって毛穴の黒ずみや
大人ニキビになってしまうこともあるんですよ!!
冷え性はお肌にとって、「百害あって一利なし」なんですね。
この体質は治すのは難しいので、気長に付き合っていくしかないんですが、
症状を軽くはできますので、それを意識して冷え性と付き合っていきましょう。。




【冷え性の症(性)状を軽くしましょう】

冷え性は治りにくい(基礎体温を上げるのは難しい)のですが、下記の点に注意することで、
性状を軽くすることは可能です。


●食事

水はお肌にとって非常に重要な成分ですが、冷たい飲み物は避けましょう。
もちろんアイスクリームなど冷たい食べ物も、体を冷やしてしまうので禁物です。
暖かい飲み物・食べ物を摂取しましょう。
特にカラダを温めてくれる陽性の食品を積極的に食べましょう。
生姜・ねぎ・にんにく・大根・ごぼう等が効果的です。。

 

●運動

筋肉には熱を生み出し体を温めてくれる作用があるので、筋肉をつけましょう!
男性に冷え性が少ないのは筋肉も関係しているようです。

また、体を動かすことで、新陳代謝・血行不良は改善されていくでしょう。
ジムに通うのも良いでしょうし、軽いウォーキングから始めるのも良いでしょう。

大切なのは継続ですよ!! ←自分に言い聞かせてます(汗)

私はビリーズブートキャンプには挫折気味ですが、軽いウォーキングと
朝の体操からはじめてます。。



●常にカラダを温める

外出時はもちろん、部屋にいる時でも体を冷やさないことも大切ですよ。
外出時のカイロは必須アイテムですし、ネット通販でも冷え性対策グッズが多数売ってますので、
自分に合った商品を選んでみてはいかがでしょうか?

メビウスソリューションズ⇒あんぽっか

個人的には『あんぽっか』が欲しくて、検討中です ( ̄− ̄)


●お風呂

お風呂は、長時間入りましょう!
カラダが冷たいので、熱いお風呂に入りたい気持ちもわかりますが、それだと長時間入れないので、
体の芯から温まることができず、表面のみしか温まりません。。
半身浴で、手足・下半身を温めるのが基本でしょう。

また、ある程度熱い湯船に浸かって、温もったら湯船から出て手足に冷水をかける「温冷交代浴」も
血行促進に効果的です。根気強く5〜6回は繰り返しましょう。

入浴時は、薬草や入浴剤などを使用するとさらに効果的です。
湯冷めすると逆効果なので、さら湯は避けたほうがよいでしょう。
冷え性、癒し、美肌の「温癒(おんゆ)」 のヒマラヤ岩塩が非常に良さそうですね。

 

今年の冬は、上記のような点に十分気をつけながら、冷え性対策していきたいと思ってます!
乾燥も冷えもやっつけましょう!!

 






アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.