化粧品成分紹介 遊離リノール酸の効果

化粧品成分紹介
 

遊離リノール酸とは

リノール酸とは、ベニバナ油やナタネ油、トウモロコシ、大豆などに多く含まれている、
コレステロール値や血圧を下げる成分として知られています。

食用油のリノール酸は、正式には中性脂肪といって、1つのグリセロール(アルコールの種類)に
3つの(トリ)脂肪酸が結合したものだそうで、直接肌に塗ってもあまり効果はないようです。

そこで、サンスターはグリセロールと切り離し、脂肪酸が1つだけになったもの「遊離リノール酸」を
使った成分「リノレックS」を開発したそうです。
この成分は、メラニンの合成に必要なチロシナーゼそのものを分解して量を減らすので、
シミのもとがつくられにくくなるといった効果があるそうで、従来の美白成分よりも期待できそうな
成分だと個人的には感じます。

ちなみに、この遊離リノール酸という成分は、味噌にも含まれているそうで、
味噌も美白効果のある食材として注目される日も近いかもしれませんね(^-^)




アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.