化粧品成分紹介 レチノール(ビタミンA)の効果

化粧品成分紹介
 

レチノール(ビタミンA)とは

レチノールは、ビタミンAの前駆体です。

ビタミンAにはレチノールのほかに、β-カロテン(キャロットが由来)があり、夜盲症に効果があります。

表皮のターンオーバー(細胞の生まれかわり)を早め、
オイリー肌の皮脂の分泌を抑える効果があります。


海外ではニキビ治療薬として濃度の高いものが市販されているようですが、
日本の化粧品に入っているのは濃度の薄いもので、濃度の高いものが欲しい場合は、
皮膚科などで処方してもらう必要があります。

ビタミンA は皮膚の角化作用を正常にし、粘膜を保護する役割をもっていますんで、
ビタミンCで内側から美白して、ビタミンAでターンオーバーを促進するのが流れ的には
良いんだと思います。

保湿成分とともに乾燥小じわスキンケア化粧品に配合するとよいとされており、
シミ・シワ対策の基礎化粧品によく配合されてますね。

レチノールは今後も要チェック成分です!!


パルミチン酸レチノールとは、ビタミンA(レチノール)を安定化し、より粘膜に吸収しやすくし、
レチノールそのものにくらべて、刺激は少なく改善した成分です。




アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.