化粧品成分紹介 合成ポリマーについて

化粧品成分紹介
 

代表的な合成ポリマーについて(カルボマー)

カルボマーとはカルボキシビニルポリマーの略で、合成ポリマーの一種です。

カルボマーは水溶性のビニルポリマーで、刺激が少なく、増粘効果が高く、粘度の変化が少なく、
さらに微生物による汚染に強いので、増粘剤としてゲルなどに良く使われているようです。

でも、合成ポリマーってあんまり良い印象をうけないですよね。
確かに合成樹脂が肌に蓋をして、ビニールの膜をつくるので、潤いを感じたり、ぷるぷる肌に
なったりと使用感はすごく良くなるんだと思いますが、いくら低刺激っていっても・・・

ビニルポリマーって名前からしてヤバそうな感じをギンギン醸し出してます(汗)

でも合成ポリマーは無添加化粧品(無着色、無香料、合成界面活性剤・保存料・鉱物油無添加)と
アピールしている化粧品にもよく配合されているのを見かけます。
合成樹脂は腐敗も酸化もしませんし、臭気も無いため、防腐剤や酸化防止剤・香料などを使う
必要が無いわけです。。

合成ポリマーを使っていない化粧品には、合成ポリマー無添加と明記してくれたらわかりやすいん
ですが、いままでそんな基礎化粧品には出会ってないですね。

本当に良い基礎化粧品を求めるならば、合成ポリマーが入っていなくても良い使用感の
化粧品を探し求めていきたいです!!


といいつつ、合成ポリマーが配合されていても、使用感が良ければ化粧品レビューでは、
あまり気にせず評価してます。。
できれば避けたいというレベルの成分かなぁと感じてます。

<代表的な合成ポリマー>
ジメチコン
カルボマー
シロキサン
アルリル酸
セルロース


シクロペンタシロキサンとは、シロキサン結合を骨格とした環状の重合物で、揮発性があり、
ベタツキを防止します。


他にも合成ポリマーは多数存在しますので、
随時このページでも追加紹介していきたいと思ってます。




アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.