化粧品成分紹介 BG・グリセリン・エタノールの効果

化粧品成分紹介
 

BGとは、グリセリンとは、エタノールとは

基礎化粧品の成分表記を見ていると、BGやグリセリン、エタノールといった成分が
結構上のほうに記載されていることが多いと感じます。
3つとも配合されている化粧品も結構ありますね。。

BGとは正式名を「1,3-ブチレングリコール」といい、多価アルコールの一種で、
水とのなじみもよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする作用があります。


アルコールなのでエタノール同様、制菌作用あり、防腐剤的な効果も見込めますし、
エタノールに比べて皮膚への刺激も少ないようです。
パラベンフリーの商品にはこのBGが含まれていることが多いかな。

また、グリセリンもアルコールの一種で、ヤシ油やパーム油から抽出される成分です。
グリセリンは透明のとろりとした液体で、肌を軟らかくし、しっとりとした潤いを与える効果があり、
BG同様、保湿剤として、また皮膚に対する柔軟剤として使用されています。

保湿力自体はグリセリンの方が強いそうですが、BGの方がべたつきにくいという特性を持って
いるそうです。

各成分、一長一短があって、おもしろいですね。
個人的に手作りで基礎化粧品を作るとしたら、BGを使うかなぁ。
なんか一番バランス良さそうですし。。

でも、他成分との組み合わせによっても、どの保湿剤、防腐剤を使うかってことは変わってくると
思いますし、研究開発された既成の化粧品がやっぱり安心かなぁと感じます。
手作り化粧品も作ってみたいことはみたいですが・・・


※ジグリセリンは、グリセリンから反応、蒸留、精製してつくられます。グリセリンに比べて、
使用感が軽く、感触がさらっとしています。

※1,2-ヘキサンジオールもグリセリンと同じレベルの保湿成分で、殺菌性にも優れています。




アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.